【驚愕】 YUIが突然宣告された"余命一年"の真相に涙が止まらない...人気シンガーソングライターのまさかの現在や再婚までの経緯に一同驚愕!
2024/07/06

広告

シンガーソングライターのYUIさんは、そのソロ時代に多くの人気を集め、現在はロックバンド「フラワーフラワー」のボーカリスト兼ギタリストとしても活躍しています。そんなYUIさんが、2015年からの5年間で2度の結婚と離婚を経験し、その背後にはパニック障害という心の病もありました。今回はYUIさんの離婚、再婚、病気について詳しく解説します。

YUIさんの経歴とプロフィール

YUIさんは、1987年3月26日に福岡県糟屋郡古賀市で生まれ、本名は吉岡唯。幼い頃から歌うことが大好きで、中学3年生の頃にはすでにノートにたくさんの詩を綴っていました。彼女の歌手としてのキャリアは、厳しい家庭環境の中で自らの学費を稼ぎながら進められました。

YUIさんの病気と余命一年の宣告

高校時代、YUIさんは体調を崩し、肺炎と診断されましたが、病院での診断はなんと「肺がん」。しかも、余命一年と宣告されました。そこでYUIさんは「どうせ余命が1年ならやりたいことをやらねば」と決意し、高校を中退して音楽塾「ボイス福岡本校」に入塾。ギターと曲作りを学び、路上ライブやライブハウスでの活動を開始しました。

広告

2004年3月、ソニーミュージックグループのオーディションに応募し、2万人の中から最終審査の10人に残り、見事にメジャーデビューを果たしました。もし、あの時病院の診断が間違っていなければ、アーティストYUIは誕生していなかったかもしれません。

離婚と再婚の経緯

YUIさんは2015年に一般男性と結婚しました。結婚発表はバンド「フラワーフラワー」の公式サイトで行われましたが、その結婚は3年足らずで終了しました。離婚の理由は「価値観の相違」と説明されていましたが、YUIさんのパニック障害も一因であったと言われています。元旦那さんとの間には双子の子供が生まれ、現在その子供たちはYUIさんが育てています。

2018年9月、YUIさんは再婚を発表し、すでに第3子を妊娠していることも公表しました。再婚相手も一般男性で、現在の旦那さんとの間には第4子も誕生しました。

広告

パニック障害との闘い

YUIさんは2014年3月に自身のブログでパニック障害と診断されたことを告白しました。パニック障害は、突然の激しい動悸や発汗、息苦しさなどの症状と共に、強い不安感に襲われる病気です。YUIさんは病気療養のため活動を休止せざるを得ませんでしたが、その間も曲作りを続けていました。

現在のYUIさんと今後の展望

現在、YUIさんは「フラワーフラワー」として活動を続けています。彼女の音楽に対する情熱は今も変わらず、ファンにとっても大きな励みとなっています。YUIさんのこれからのさらなる活躍に期待せずにはいられません。

広告

AD
記事
速報