緒形拳の息子・緒形直人が芸能界から干された理由...息子が事故死の真相に驚きを隠せない...「楢山節考」で活躍した名俳優の家族に残した遺言...8年間の闘病生活を隠し続けた理由がヤバすぎた
2024/07/09

広告

緒形拳の死について

緒形拳さんは1937年7月20日に東京都新宿区で生まれました。高校卒業後、1958年に新国劇に入団し、辰巳柳太郎さんの弟子として修練を積みました。緒形さんの才能を見いだしたのは、辰巳さんではなく、新国劇のもう一人の看板スター、島田正吾さんでした。1960年、島田さんから舞台「遠い一つの道」で主役に抜擢され、同年に映画版でもデビューしました。

1965年にはNHK大河ドラマ「太閤記」で豊臣秀吉役に抜擢され、一躍人気俳優となりました。その後も多数の映画やテレビドラマに出演し、1978年の映画「鬼畜」や1979年の映画「復讐するは我にあり」、1983年の「楢山節考」などで高い評価を得ました。

緒形拳さんは2008年10月5日に亡くなりました。死因は肝臓がんでした。市の約8年前から慢性肝炎を患い、仕事に支障をきたしたくないと入院治療を拒否していました。病状が悪化しても在宅療法を選び、役者の道を全うしました。

家族について

緒形拳さんの息子には、俳優として活躍する緒形直人さんと緒形幹太さんがいます。次男の緒形直人さんは特に有名で、多くのテレビドラマや映画で活躍しています。

広告

一方、長男の緒形幹太さんはテレビドラマを中心に活動を続けているベテラン俳優です。

緒形直人の活躍

緒形直人さんは1987年に青年座研究所に入社し、演技の勉強を始めました。1989年には映画「優駿」でデビューし、その後もドラマ「北の国から」や映画「世界の中心で、愛をさけぶ」など、多くの作品で活躍しています。しかし、2005年以降はテレビでの露出が減り、一部では「干された」との噂もありましたが、実際には家族と過ごす時間を増やすためだったと本人が語っています。

緒形幹太の活躍

緒形幹太さんは日本大学を卒業後、父・緒形拳さんの所属する事務所でマネージャーを務めながら俳優を志すようになりました。1989年にドラマ「寂しい女は太る」で俳優デビューし、その後も多くの作品に出演しています。また、緒形拳さんと親子共演を果たしており、親しい関係が伺えます。

息子の事故死の噂

緒形拳さんについて検索すると「息子事故死」

広告

というキーワードが浮上します。しかし、これは一部のブログが集客のために作り上げたもので、実際にはそのような事実はありません。緒形拳さんの息子たちは健在であり、俳優としての活動を続けています。

闘病生活と遺言

緒形拳さんは長い間、慢性肝炎と闘っていましたが、病気のことは関係者には秘密にしていました。彼は家族に「肝臓のことは絶対に言うな」と伝え、強い気持ちで仕事に臨むことで病気に打ち勝ちたいと考えていました。この決意を貫くため、長期入院は一度もせず、在宅治療を選びました。

遺作となったフジテレビ系ドラマ「風のガーデン」の撮影中も、体調が悪くても仕事を続けました。緒形拳さんは撮影現場に出ると元気になり、家族や関係者を驚かせました。しかし、最終的には2008年10月5日に亡くなり、密葬形式で葬儀が行われました。

広告

AD
記事
速報