米倉涼子が芸能界から突然消えた真相...復帰絶望と言われる現在の両足切断した姿に涙が止まらない...『ドクターX』で大ヒットした女優の意外すぎる離婚歴や男性遍歴に言葉を失う
2024/07/09

広告

米倉涼子の突然の降板とその理由

2022年11月、米倉涼子さんが出演予定だったブロードウェイミュージカル『シカゴ』の来日公演が突如中止となりました。急性腰痛症および全身関節障害による運動機能障害が原因で、医師からのドクターストップがかかり、舞台出演を断念せざるを得なかったのです。この発表は、ファンや関係者に大きな衝撃を与えました。

米倉涼子さんはその後も、関係者への謝罪と感謝の気持ちを伝えつつ、公演の継続を願っていました。しかし、病状は深刻で、彼女自身の健康が最優先となったのです。

米倉涼子の生い立ちとキャリア

1975年8月1日、神奈川県横浜市で生まれた米倉涼子さんは、若い頃からモデルとして活動を始め、その後、女優としての道を歩み始めました。彼女の代表作である『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』では、強気で自信に満ちたキャラクターが視聴者に強い印象を残しました。しかし、その背後には、意外なほどの繊細さと人間らしさが隠されていました。

広告

波乱万丈な私生活と離婚歴

米倉涼子さんは、過去に2歳年下の会社経営者と結婚しましたが、わずか3ヶ月で離婚に至りました。結婚直後からのすれ違いが原因で、同居開始わずか1日で別居したと報じられています。この短期間での離婚は芸能界でも稀で、注目を集めました。

彼女は、2021年4月に放送されたテレビ番組『突然ですが占ってもいいですか?』で、占い師から再婚の可能性を指摘されましたが、「3回結婚するということ?」と驚きを隠せませんでした。彼女自身は、理想の結婚相手について「お金持ちで優しくて分かりやすい人」と述べながらも、「庶民的な人がいい」と語っています。

米倉涼子の闘病生活とその現状

米倉涼子さんは、腰痛と全身関節障害に悩まされ続けており、その症状は日常生活にも大きな影響を及ぼしています。彼女は、「仙骨周囲の激痛や坐骨神経痛などと向き合いながら活動を続けていた」と語っており、その痛みの中での仕事は並大抵のものではなかったことがうかがえます。

さらに、米倉涼子さんは過去に低髄液圧症候群という難病とも戦っていました。これは脳と脊髄を満たす髄液が漏れることで起こる病気で、頭痛やめまい、視力低下などの症状が現れます。

広告

治療法も確立されておらず、完治が難しい病気です。彼女はこの病気と向き合いながらも、『ドクターX』の撮影を続けていました。

将来への展望と復帰の可能性

現在、米倉涼子さんの健康状態はまだ完全には回復していません。関節障害の治療には時間がかかり、少なくとも半年から一年程度の安静が必要とされています。そのため、来年の活動再開は難しいかもしれません。

しかし、彼女のファンや関係者は、米倉涼子さんの復帰を心から待ち望んでいます。彼女自身も新しい治療法に取り組んでおり、少しずつではありますが症状は改善してきています。完全な復帰に向けて、彼女の努力は続いています。

広告

AD
記事
速報