桂銀淑の死去の真相...日本追放後の変わり果てた生活に言葉を失う『すずめの涙』で有名な演歌歌手の夫が離婚を決意した3億円の借金...ヤクに溺れた逮捕歴に驚きを隠せない...
2024/07/09

広告

皆さんこんにちは。かつて演歌界で一世を風靡した桂銀淑さんの名前を覚えているでしょうか。『すずめの涙』などの名曲で知られる彼女は、その美貌と歌唱力で多くのファンを魅了しました。しかし、現在の彼女はかつての輝かしい姿とは程遠い現状にあります。今回の記事では、桂銀淑さんの波乱万丈な人生と、その背後にある真実に迫ります。

輝かしいキャリアの始まり

桂銀淑さんは1961年に韓国で生まれました。1977年に高校生でモデルとしてデビューし、その後1979年に歌手としてもデビューしました。その美貌とハスキーボイスな歌声で人気を博し、1985年には日本デビューを果たしました。『大阪暮色』『すずめの涙』『花のように鳥のように』など数々のヒット曲を生み出し、一躍トップスターとなりました。

幸せな結婚とその裏側

1992年、桂銀淑さんは実業家のキム・ヨンジュさんと結婚しました。しかし、この結婚が彼女の人生を大きく変えることになります。結婚生活は幸せだったものの、次第に夫との関係が悪化し、最終的には離婚に至ります。この離婚が彼女の人生に大きな影を落としました。

広告

借金と経済的困窮

離婚後、桂銀淑さんは経済的な困難に直面しました。新しい事務所を立ち上げるために借金を重ね、その額は3億円にも達したと言われています。金銭感覚が麻痺していた彼女は、経費を気にせず浪費し、運営が苦しくなりました。知人からの借金も泥棒に盗まれるなど、不運が続きました。

更年期障害と鬱病

経済的困窮と並行して、桂銀淑さんは更年期障害にも悩まされました。その症状は深刻で、鬱病を発症するに至ります。彼女はこの時期を振り返り、「自分が鬱病だと自覚していなかった。ただ死にたいと思っていた」と語っています。しかし、母親の存在が彼女を支え、生きる力を与えてくれました。

覚せい剤事件と日本追放

2007年11月、桂銀淑さんは覚せい剤取締法違反で現行犯逮捕されました。彼女は取調べに対し、容疑を認めています。

広告

2011年には詐欺罪で在宅起訴され、その後も覚せい剤使用で再び逮捕されました。この事件により、彼女は日本から追放され、韓国に戻ることになります。

韓国での再出発

日本を追放された桂銀淑さんは、韓国で新たな生活を始めました。2019年には37年ぶりにアルバムを発表し、ファンとの交流を深めました。しかし、彼女の生活は依然として困難であり、母親の介護や自身の健康問題に悩まされています。

突然の死去とその真相

2023年、桂銀淑さんが死去したとの報道が流れました。彼女の死因については様々な憶測が飛び交いましたが、最終的には経済的困窮と健康問題が重なり、心労が原因とされています。彼女の死去は多くのファンに衝撃を与え、その波紋は今なお広がっています。

広告

AD
記事
速報