梓みちよの"孤独死"の真相...最期に残した遺言の内容に涙腺崩壊!『メランコリー』で有名な女性歌手の20年以上続いた不倫関係の実態...明石家さんまとの確執の全貌に驚愕!
2024/07/11

広告

赤ちゃんや二人でお酒をなどの大ヒット曲で知られる歌手、梓みちよさんの衝撃的な晩年についてお届けします。

孤独死の真相

2020年2月3日、梓みちよさんが東京都内の自宅で亡くなっているのが見つかりました。彼女の死因は心不全とされており、発見時にはすでに亡くなっていたとのことです。彼女は晩年、目立った活動はしておらず、2018年にアルバム『決定版 梓みちよ2018』をリリースした程度で、音楽番組などへの出演はほとんどありませんでした。

生い立ちとデビュー

1936年6月4日、朝鮮釜山市で生まれた梓みちよさんは、幼少期に福岡県へ移り住みました。父親が早くに他界し、母親の手で育てられました。宝塚音楽学校に入学した後、渡辺プロダクションのオーディションに合格し、歌手デビューを果たしました。1963年には『こんにちは赤ちゃん』が大ヒットし、紅白歌合戦にも初出場しました。

東尾修との不倫関係

梓みちよさんは、元西武ライオンズのエース、東尾修さんとの長年にわたる不倫関係で知られています。この関係は30年以上続いたと言われており、東尾さんの娘である理子さんが父親を取り戻すために梓みちよさんの家に乗り込んだこともありました。

広告

東尾修さんはその後も数々の女性と関係を持ち続けましたが、梓みちよさんとの関係は特に注目を集めました。

明石家さんまとのシャンパン事件

1986年、明石家さんまさんの冠番組『さんまのまんま』で、梓みちよさんがゲスト出演した際、シャンパンを開ける際の失礼な言動に激怒し、さんまさんにシャンパンをかけた事件が発生しました。この事件は大きな話題となり、二人の関係は険悪なものとなりました。しかし、後に梓みちよさんが謝罪し、ブレスレットを贈ることで和解しました。

最期の言葉と遺言

梓みちよさんの最期の言葉は「ありがとう」というものでした。彼女の遺言には、「皆さんに感謝しています。私の歌を愛してくれてありがとう」という内容が含まれていました。この言葉からも、彼女がファンへの感謝を常に忘れなかったことが伺えます。

広告

晩年の様子

晩年の梓みちよさんは、膝の痛み以外には特に大きな病気もなく、元気に過ごしていました。しかし、急激な寒さが体に影響を与えた可能性もあります。彼女の突然の訃報に、新婚さんいらっしゃいで共演していた桂文枝さんも驚きを隠せませんでした。

まとめ

梓みちよさんの人生は波乱万丈で、多くの人々に感動を与えました。彼女の残した楽曲は今もなお多くの人に愛され続けています。彼女の音楽は、これからも多くの人の心に生き続けることでしょう。

広告

AD
記事
速報