真田広之の息子死去の真相...元妻・手塚理美との離婚理由に言葉を失う...『里見八犬伝』で活躍した名俳優の大物俳優との確執...
2024/07/10

広告

俳優・真田広之さんについて、その息子の死去の真相や元妻・手塚理美さんとの離婚理由、さらに彼のキャリアや大物俳優との確執について詳しく見ていきます。最後までお付き合いください。

真田広之の芸能界への道

真田広之さんは本名を下澤広行といい、1960年10月12日に東京都品川区大井で生まれました。彼が芸能界に入ったきっかけは、同じマンションに住んでいた俳優・高田浩吉さんの息子と遊んでいた時にスカウトされたことでした。幼少期から劇団ひまわりに所属し、5歳でデビューしました。

中学卒業後、千葉真一さん主催のジャパンアクションクラブ(JAC)に入団し、アクションスターとしての英才教育を受けました。1978年に映画『柳生一族の陰謀』のオーディションに合格し、芸能活動を再開しました。

千葉真一との確執

真田さんの芸名「真田広之」は千葉真一さんが名付け親です。しかし、1980年代に入り、真田さんが主演映画で成功を収めるようになると、千葉さんとの間に亀裂が生じました。真田さんはJACから独立し、その原因はギャラを巡る確執でした。月収100万円に不満を持った真田さんが千葉さんに直訴し、ならやめろと言われたのです。

広告

その後、二人は和解することなく、真田さんは独立しました。

息子の死去と手塚理美との離婚

真田広之さんと手塚理美さんは1990年に結婚しました。しかし、1995年に真田さんの不倫が発覚し、1997年に離婚しました。手塚さんは関係修復を望んでいましたが、最終的には離婚に至りました。

息子の死去の真相

真田さんの息子が亡くなったという噂がありますが、詳細な情報は公表されていません。家族のプライバシーを尊重するため、多くのメディアが報道を控えているようです。

不倫騒動とその後の影響

1995年に女優・葉月里緒奈さんとの不倫が発覚しました。当時、葉月さんは20歳で真田さんとは15歳の年の差がありました。葉月さんの強気な発言が大きな批判を浴び、「魔性の女」と呼ばれるようになりました。

広告

アメリカでの活躍

真田広之さんは2003年に映画『ラスト サムライ』に出演し、アメリカでの活動を本格化させました。トム・クルーズやキアヌ・リーブスなど、多くのハリウッドスターと共演し、その実力を評価されました。

大物俳優との確執

真田広之さんと千葉真一さんとの確執は有名です。千葉さんは真田さんを特に可愛がっていましたが、ギャラの問題で関係が悪化しました。千葉さんが亡くなるまで、二人の関係は修復されることはありませんでした。

真田広之の特殊癖

一部の週刊誌では、真田さんの特殊な癖についても報じられています。ホテルでの奇行や脱糞癖など、センセーショナルな内容が取り上げられましたが、真偽のほどは不明です。

真田広之の今後

現在、真田広之さんはアメリカを拠点に活動しており、多くのハリウッド映画に出演しています。彼の実力は世界中で認められており、今後もその活躍が期待されています。

以上、真田広之さんの息子の死去の真相や元妻との離婚理由、大物俳優との確執について詳しくお伝えしました。真田さんのこれからの活躍を日本から応援していきたいと思います。

広告

AD
記事
速報