芸能界の才女は芦田愛菜ではない?乃木坂メンバーに秀才が登場し話題に「格が違いすぎる」 「スタイルもいいのかい」
2024/07/08

広告

今年4月に慶應義塾大学に進学した俳優の芦田愛菜について、医学部内定の報道が過熱しましたが、その情報は週刊誌や芸能サイトで取り上げられる中で真偽の確認が難しいものでした。一部週刊誌は内定の可能性を否定し、「5月に内定は絶対ない」と主張していました。また、大学進学の決定が3年生の5月に行われることは通常ではありえず、同級生たちが驚くだろうと指摘しています。

芦田は慶應義塾大学法学部政治学科に入学しましたが、この学科の選択が将来的に弁護士としてのキャリアに直結するわけではなく、弁護士になるには法科大学院(ロースクール)に進む必要があることが述べられています。弁護士が一般企業に就職する傾向が強まっている現状も指摘され、慶應法学部が他の学部に比べてやや低いステータスと見なされているとの意見もあります。

興味深いことに、芦田を刺激する出来事が起こりました。『乃木坂46』の池田瑛紗が東京藝術大学に合格したという情報が明らかになり、池田はA学院の出身で、芦田もかつて中学受験でA学院に合格していたとの関連があります。ただし、A学院では芸能活動を認めないと通告され、結局芦田は慶應女子中に進学した経緯があります。

広告

池田は卒業後に乃木坂オーディションに合格し、藝大に進学しています。

この出来事により、芦田は慶應女子中への進学を後悔している可能性があり、芸能界での才女としての地位が揺らぐ可能性があるとされています。最近では芦田が才女として注目されていましたが、今後は池田がその地位を奪う可能性が高いとの見方も示されています。また、芦田がかつて医学者の山中伸弥氏に憧れていたことが取り上げられ、将来的には京都大学医学部を受験する可能性もあると伝えられています。

上記の内容への声

芦田愛菜さんに関する一連の報道は、私たちに現代社会における成功神話と、その裏に潜む残酷な現実を突きつけているように感じます。まず、医学部内定報道が一人歩きし、真偽不明なまま拡散されたこと自体、情報社会の歪みを象徴しています。まるで、彼女には常人にはない特別な能力があり、当然のように成功の道を歩むはずだという期待が、このような無責任な報道を生み出したのではないでしょうか。

広告

そして、彼女の進路と将来の夢に対する、外野からの無責任な憶測の数々。法学部は弁護士になるためだけの学部ではありませんし、弁護士が企業に就職することが「トレンド」だと断言することも、短絡的すぎます。慶応法学部のステータスが低いという意見も、あまりに一面的な見方でしょう。このようなステレオタイプな思考回路こそ、若者を既存の枠組みに押し込め、真の才能を潰してしまうのではないでしょうか。

さらに、池田瑛紗さんの藝大合格と対比させて、芦田さんが慶應女子中への進学を後悔しているかのような論調にも、強い違和感を覚えます。池田さんは池田さんで、独自の道を切り開いているのであり、二人の人生を比較すること自体ナンセンスです。まるで、女性同士を競争させ、どちらかが優位に立たなければ気が済まないという、歪んだ価値観が透けて見えるようです。

芦田さんは、まだ19歳の女性です。子役として活躍してきた彼女だからこそ、周りの大人たちの無責任な言葉や視線に、計り知れないプレッシャーを感じているのではないでしょうか。私たちが本当にするべきことは、彼女を「才女」という偶像に祭り上げ、その期待で縛り付けることではなく、一人の人間としての成長を温かく見守ることではないでしょうか。

広告

AD
記事
速報