森泉、祖母の四十九日を“笑顔”で報告。三姉妹の喪服の着こなしに「いい年して常識知らず...」
2024/07/09

広告

タレントでモデルの森泉さんが、祖母である世界的ファッションデザイナーの森英恵さんの法要での写真をインスタグラムに投稿し、物議を醸しています。その理由は、彼女たちの喪服姿が一般的なものとは異なる雰囲気であったこと、そして法要という場でありながら笑顔を見せていたことにあります。

森英恵さんは先月11日に96歳で亡くなり、今回49日の法要が行われました。森泉さんは自身のインスタグラムに、美人揃いで知られる三姉妹での喪服姿を投稿。

一般的な喪服は黒一色でシンプルなデザインであることが多いですが、彼女たちの喪服は、黒を基調としながらも、レースやフリルなどの装飾が施されており、よりファッショナブルな印象を与えます。

ネット上では、「法要にふさわしい服装ではない」「笑顔でいるのは故人に対して失礼だ」など、彼女たちの常識を問う厳しいコメントが寄せられました。

今回の騒動は、冠婚葬祭におけるマナーや価値観の変化を反映していると言えるかもしれません。伝統的なマナーを重んじる人にとっては、彼女たちの服装や態度は受け入れ難いものかもしれませんが、時代の変化とともに、個々の価値観や表現方法も多様化しています。

ただし、冠婚葬祭は故人や遺族、参列者など多くの人が集まる場であることを忘れてはいけません。

広告

森泉さんの今回の投稿は、冠婚葬祭におけるマナーや価値観について、改めて考えるきっかけを与えてくれたと言えるでしょう。

ネットから上記の内容への見解:

森泉さんがインスタグラムに投稿した写真が物議を醸している件、多くの人が違和感を覚えたのは当然だろう。ファッションデザイナーである祖母、森英恵さんへのオマージュとして、伝統的な喪服の概念を覆すような装いを披露したかったのかもしれない。しかし、いくら時代が変わろうとも、法要という厳粛な場において、故人を偲び、遺族に寄り添う気持ちを表すのが喪服の本来の役割であることを忘れてはならない。

森泉さんは自由奔放な言動で知られているが、今回の件は彼女の想像力の欠如、そして周囲への配慮の無さが露呈した結果と言わざるを得ない。華やかな世界に身を置く彼女にとって、法要もまた自己表現の場の一つに過ぎなかったのだろうか。そこには、深い悲しみや喪失感よりも、自分たちの個性や美意識をアピールしたいという自己顕示欲が透けて見えるようで、率直に言って不快感を覚える。

広告

また、笑顔で写っている写真についても、批判の声が多いのも当然だろう。もちろん、故人を偲び、思い出話に花を咲かせる中で、自然と笑顔がこぼれることもあるだろう。しかし、それをわざわざ写真に撮り、公の場に公開する神経が理解できない。そこには、周囲の感情に対する想像力の欠如、そして自己中心的な思考回路が見え隠れする。

今回の件は、単なる「時代の変化」として片付けてしまって良いのだろうか。真に大切なのは、個人の表現の自由ではなく、周囲への配慮、そしてTPOをわきまえるという社会常識ではないだろうか。森泉さんには、今回の騒動を機に、自身の行動を深く反省し、周囲への配慮を改めて認識していただきたい。 

広告

AD
記事
速報