北野武、”18歳下の夫人”が初の顔見せ!レッドカーペットを手を繋ぎ歩く姿に「もっと可愛いかと」 「着物着慣れてない?」
2024/07/09

広告

映画監督としても知られる北野武が、18歳年下の夫人と共にレッドカーペットを歩く姿が話題となっている。北野監督の最新作「首」が、第76回カンヌ映画祭でプレミア上映され、熱烈な歓迎を受けた。上映後には、5分に及ぶスタンディングオベーションが巻き起こり、「世界のキタノ」の名にふさわしい人気ぶりを見せつけた。

初の顔見せ

レッドカーペットには、北野監督の再婚相手である18歳年下の夫人も初めて姿を現した。彼女は着物姿で、髪はボブヘアというスタイル。どこかミステリアスな雰囲気を漂わせながら、北野監督と手を繋ぎ、カメラの前に現れた。その姿は、多くのファンや取材陣の目を引いた。

二人の交際は2012年頃から始まり、2015年には個人会社「Nゴン」を設立。北野監督が2018年に「オフィス北野」を退社してからは、夫人がマネジメントを担っている。2019年に前夫人との離婚が成立し、公私ともにパートナーとなった。

広告

北野監督が再婚した時の年齢は73歳であり、これは芸能界でも最高齢クラスの再婚として話題を呼んだ。

ファンの反応

ネット上では、彼女の初顔出しに対して様々な反応が寄せられている。「もっと可愛いか綺麗な方を想像してました」という声や、「着物なのに足は開いているし、顔も暗い写真をわざわざ使わなくても」という指摘も見られた。また、着物の立ち姿や歩き方についても、「着物の時って、少し内股にして爪先をくっつけた方が、立ち姿が綺麗に見えるよね。歩く時もそう」といったコメントが寄せられた。

こうした意見の中には、「たけし軍団の面々のコメントや、最近のたけしさんのマネジメントがらみの話から、まさにこのご面相のような方なんでしょうかね」というものもあり、北野監督の周囲の人々との関係性や夫人の役割についても関心が集まっていることが伺える。

北野監督と夫人の絆

北野監督と夫人の絆は、単なるプライベートな関係に留まらず、ビジネスパートナーとしても強固なものとなっている。二人が設立した「Nゴン」は、北野監督の作品制作やマネジメントを支える重要な役割を果たしている。

広告

夫人のサポートによって、北野監督は創作活動に専念できる環境が整えられているのだ。

今回のカンヌ映画祭での姿は、その絆の強さを示す象徴的な場面となった。多くの人々の注目を集めたこの場面で、二人は手を繋ぎながら笑顔を見せ、取材陣に応じていた。その姿は、多くのファンや関係者に感動を与えた。

これからの二人

北野監督の最新作「首」の成功により、再び脚光を浴びることとなった二人。今後の活動にも期待が寄せられている。北野監督の創作活動がさらに充実し、夫人のサポートによって新たな作品が生み出されることが期待されている。

この先、夫人が公の場に登場する機会も増えるだろう。ファンや関係者にとって、二人の姿を見ることは、北野監督の作品への期待をさらに高める要素となるだろう。今後の二人の活躍から目が離せない。

北野監督と夫人の絆は、これからも続くであろう。二人の歩む道が、さらに素晴らしいものとなることを期待してやまない。

広告

AD
記事
速報