信じ難い相談を持ち掛ける前代未聞の男性、対する先生のまさかの返しに「強烈すぎ」!
2024/07/09

広告

読売新聞の大人気コーナー『人生案内』に、過去に話題を集めた一記事があります。相談者の内容があまりにも衝撃的で、さらにその回答が予想を超えるものでした。その内容について詳しく紹介します。

前代未聞の相談者

相談者は60代の男性で、結婚して36年になる奥様がいます。彼が持ち掛けた相談内容は、「妻以外の女性との関係に関する悩み」というものでした。以下がその詳細です。

結婚36年。常に妻以外の女性と交際してきました。最近は、四十数年ぶりに同級生と再会、交際を始めました。これまでは精神的なつながりを求めています。独身の彼女は家族のいる私との関係に悩み、神経安定剤を服用するまでになりました。彼女を支えたいのですが連絡が途絶えてしまい考えるヒントをください。—60代男性

もはや常人では理解し難いこの内容、正に『前代未聞』という言葉がぴったりです。そしてこの相談に対する回答は、切れ味抜群な回答が持ち味の作家・高橋源一郎さん。果たしてどのような回答が飛び出したのでしょうか。

高橋源一郎さんによる、前代未聞の回答

高橋源一郎さんは、パワフルで切れ味のある回答が特徴です。

広告

今回も生半可な回答ではありませんでした。

「相談者への回答は、特にありません。まずは相談者の奥様へ。あなたのような夫と何故離婚をしないのか。優秀な弁護士に相談して夫の身ぐるみを剥がしちゃってください。」

さらに、交際相手の独身女性に対しても厳しい言葉を投げかけました。

「とんでもない男にひっかかりましたね。誰にでも間違いはあります。もう懲りたでしょう。仕方ない。優しい人だったのですね。でも、しっかりと別れたと誓いましょう。なんなら警察に連絡してもいいですよ。」

高橋先生の回答は、相談者そのものを無視し、彼の奥様や交際相手に向けられたものでした。この回答は、もはや相談という枠を超え、奥様と交際相手のためのアドバイスとして成立していました。

広告

読者からの反響

この前代未聞の記事を読んだ読者からは、多くの反響が寄せられました。

「これが新聞に載ること自体が前代未聞」「開いた口が塞がらぬ、ですね。」「爽快!!」「アンサーが高橋さん、適任すぎですね(笑)」

このように、多くの読者が高橋先生の回答に共感し、爽快感を感じていました。

相談者の行動の意味とその影響

この相談者の行動は、多くの人々に衝撃を与えました。結婚36年にもかかわらず、常に妻以外の女性と交際してきたという告白は、多くの人々にとって理解し難いものです。さらに、再会した同級生との交際が原因で、彼女が精神的に不安定になり、神経安定剤を服用するまでになったという事実も、深刻な問題として受け止められました。

広告

AD
記事
速報