【衝撃】昨年辞めたブラック企業から届いた手紙、その中身が身震いがするほどの酷い内容だった…...
2024/07/08

広告

信じがたいその内容とは…

最近、とあるSNSユーザーが退職した会社から送られてきた文書を公開しました。その文書の内容があまりにも酷く、ネット上で大きな反響を呼んでいます。この文書は社会人としての品格や企業の信頼性を大きく問うもので、多くの人々に衝撃を与えました。

退職した会社から送られてきた怪文書

「不愉快で社会人として最低な退職誠にありがとうございます。
社会人として 人間として貴様が行った行動は必ず自分の身に戻って貴様を神が処罰する事をお忘れなく。
その時に自分の最低さを恥じても泣いても遅いことをお忘れなく。
さて、自分が希望する書類ばかりを『退職した企業名』に求めておられるがおられるが、別紙の如く不足金が発生しています。
至急 給料明細の金額 〇〇〇〇 振込手数料貴殿持ちで支払われよ。

広告

振込確認後お求めの書類は送付いたします。
また、自分が欲しがっている書類を当社は送料支払いません。
返信用の封筒に宛名切手を貼り〇〇〇〇まで送付すること。」

この文書を受け取った元社員は、SNSでその内容を公開し、多くの人々の関心を集めました。文書の内容は、退職した社員に対する最低限の敬意や品格を欠いたものであり、企業としての対応としては考えられないものです。

対する世間の声

この文書が公開されると、SNS上で多くの反応が寄せられました。多くの人々が企業の対応に驚きと怒りを感じ、様々な意見が飛び交いました。

ブラック企業の典型例

「ブラック企業を退職代行使って辞めた結果ですw」というコメントも見られましたが、多くの人々はこの対応に対して強い非難を示しました。

「退職代行」を使ったとはいえ、この仕打ちはあまりにも酷すぎますね… 「これを一企業が書いたとすると呆れるしかありませんね…品格が問われます。」

このようなコメントが多く寄せられ、企業としての信頼性や品格が大きく問われる事態となりました。

広告

企業の品格が問われる

企業が社員に対してどのような対応をするかは、その企業の品格を示すものです。どれだけ酷い人間であったとしても、企業としての対応には最低限の敬意が必要です。この文書は、その最低限のラインを大きく逸脱しており、企業としての信頼性を大きく損なうものでした。

今後の教訓

この文書公開を通じて、企業の対応や社会的な品格が問われることとなりました。このような対応が広く知れ渡ることで、企業は今後の対応を見直す必要があるでしょう。一方で、退職代行を利用する場合でも、企業との関係を最後まで円滑に進めることが重要です。

企業は、社員に対してどのような対応をするかを見直す必要があります。特に、退職者に対する対応は、その企業の品格を示す重要な要素です。今回の事例は、企業が社員に対してどのような対応をするかが、その企業の信頼性に直結することを示しています。

退職者も、企業との関係を円滑に進めるために、退職時の対応には注意を払う必要があります。退職代行を利用する場合でも、企業に対する最低限の礼儀を守ることが、円滑な退職につながるでしょう。

広告

AD
記事
速報