【衝撃】キラキラネーム(DQNネーム)を付けられた子供、その後の将来!ヤバすぎる末路に...
2024/07/08

広告

キラキラネームとは?

キラキラネームとは、一般常識から著しく外れているとされる珍しい名前(本名)に対する表現です。DQNネームとも呼ばれ、2000年代以降に急増したと言われています。これらの名前は当て字ばかりで普通の読み方では理解しにくいものや、名前としては珍しい言葉が使われることが多く、周囲を驚かせることがあります。

玉城家のキラキラネーム家族

『あのニュースで得する人損する人 夏までにヤセるぞ!ダイエットしたい人たち救済SP』という番組で紹介された玉城家は、そのキラキラネームの数々で話題を集めました。玉城家には子供が9人おり、6男3女という大家族です。

長男の龍進(りゅうしん)はまだ比較的普通の名前ですが、他の兄弟は一風変わった名前がつけられています。三男は輝弥虎進(きゅとらしん)、四男は龍輝虎進(りゅきとしん)、そして女の子たちは美夢蘭(びじゅら)、香愛蘭(きゅあら)と名付けられています。男の子は最後に「進」が付き、女の子は最後に「蘭」が付くという統一感があります。

広告

玉城家の生活

見た目の奇抜さとは裏腹に、玉城家の家庭生活は非常にしっかりしています。子供たちは食事が終わると自分の食器を洗い、赤ちゃんの面倒は兄姉が見るなど、家庭内でのルールがきちんと守られています。長男の龍進くんは父親の代わりに注意をするなど、家庭内の秩序を保つ役割を担っています。

ネットでの反応

キラキラネームに対するネット上の反応は様々です。

「習字で苦労しそうな漢字ばかりだな」 「名簿で一人だけ飛び出てて探しやすそうw」 「女の子が普通=嫁に行き難くなるかも、という意図が見え隠れする時点で、親も『ちょっとこの名前は…』と思っているって事だよなww」 「なんか戦国時代にタイムスリップしても問題なさそうな名前(適当)」 「こういう名前つけて、親はちゃんとフルで呼ぶの?どうせ『とらー!』とか呼ぶんでしょ?読まれない部分無駄につけるのも頭悪そう。」

これらのコメントからも、キラキラネームが社会的にどのように受け取られているかが伺えます。

広告

キラキラネームの影響と将来

キラキラネームを持つ子供たちの将来については、多くの懸念が寄せられています。名前が読まれにくい、書きにくいという問題だけでなく、社会生活や就職活動などにおいても影響を受ける可能性があります。例えば、学校の名簿や試験の答案で名前を間違えられることが多かったり、面接で名前を覚えてもらえなかったりすることがあります。

さらに、名前が原因でいじめに遭うことも少なくありません。奇抜な名前は注目を集める一方で、他人との違いが強調されるため、子供たちが精神的なストレスを感じることもあるでしょう。

広告

AD
記事
速報