退職時に上司に嫌味を言われた…ブチキレて言い返した一言にぐうの音も出ない
2024/07/09

広告

退職は誰にとっても大きな決断です。しかし、その瞬間に上司から嫌味を言われると、更にその決断が揺らぐこともあります。今回は、そんな退職時のエピソードを通じて、スカッとする出来事を紹介します。

嫌味な上司との対決

投稿者さんは退職を決意し、上司にその旨を伝えました。しかし、その時、部長からは心無い一言が返ってきました。

「辞めますって言って、引き止めてもらえるような大人にならないと、この先どこ行ってもやっていけないよ」

この言葉は、まるで投稿者さんの決断が未熟であるかのように聞こえました。しかし、投稿者さんはすぐに反応しました。

「入社したての若手が逃げるように辞めていく業務体制じゃ、今後どれだけ若手を採用しても逃げられますよ」

この一言は、上司の言葉に対する完璧な反撃でした。その場で部長はぐうの音も出ませんでした。

ネットでの反応

広告

このエピソードはネット上で大きな反響を呼びました。同じような経験を持つ人々から、多くの共感と賛同の声が寄せられました。

共感の声

「私も以前の職場で同じようなことがありました。そこの場合は、新人研修で新人が自殺しましたので、もはや私からは何も言わなくてもこの会社は数年後にはこの世に存在しないなという確信があります。」

このコメントは、企業の内部体制が問題であることを強く示唆しています。新人が自殺するほどのプレッシャーをかける環境は、もはや改善の余地がないと言っても過言ではありません。

賞賛の声

「退職者の鏡ですね。心でモヤモヤ思ってもスッと言葉に出てこないです。」

このコメントからもわかるように、多くの人が心の中で同じような思いを抱えていても、それを言葉にする勇気を持てないことが多いのです。投稿者さんの勇気に賞賛の声が集まりました。

企業への指摘

「ここで会社側は嫌味を言うのではなく業務状況を見直すべきなのに…見直さない時点できっとダメでしょう」

このコメントは、企業が退職者の意見を真摯に受け止め、業務改善に努めるべきであることを強調しています。

広告

退職者の意見を無視し続ける企業は、やがて崩壊の道を辿ることでしょう。

退職後の選択肢

退職後のキャリアについても多くの意見が寄せられました。

「どんな優れた企業でも悪しき風習はあります。変われる会社はどんどん大きくなります。若手を取り入れられない会社は潰れるだけです。自分はすぐ上司の間違いを指摘してたので社会に向いていないと思い独立しましたが、あなたも独立やカウンセラー等の方が向いてるかもしれませんね。」

このコメントは、退職後の新たな道として独立やカウンセリングを提案しています。自身の経験を活かし、より良い職場環境を作り出すことは、次のステップとして非常に有益な選択肢です。

広告

AD
記事
速報