【驚愕】大谷翔平がドジャース移籍で大金を手にしても家族に仕送りしない理由に涙腺崩壊!両親が仕事やパートを続ける理由...全世界が涙した教育方法に驚きを隠せない
2024/07/09

広告

大谷翔平選手の家族と育ち

近年、スーパースターに成長した大谷翔平選手の言動に世界中のファンが注目しています。インタビューに応えれば冷静沈着に言葉を選び、巨額の収入を得ていながら豪遊している様子もない大谷翔平選手のマインドは、いかにして育まれたのでしょうか。投手と打者の二刀流でメジャーリーグの記録を次々に塗り替え、唯一無二のスタープレーヤーに成長した大谷翔平選手は、メディアでのインタビューや日常の言動も注目されています。

彼の人柄の良さに、チームメートもファンも魅了されています。まだ20代なのに達観した印象もあり、「大人」と評する現地の人々もいるほどです。そんな大谷翔平選手を育んだのは、紛れもなく彼の両親であり、家族です。

大谷翔平選手の家族構成は、お父さんの徹さん、お母さんの加代子さん、そして兄と姉の5人家族です。お母さんの加代子さんは元バドミントン選手で、全国準優勝の実力者。お父さんの徹さんは元社会人野球選手で、現在は岩手県で中学校軟式野球チーム「金ヶ崎リトルシニア」の監督を務めています。

広告

大谷家の教育方法

大谷翔平選手が育ったのは、岩手県の自然豊かな土地です。実家は閑静な住宅街に建っています。そんな大谷家の教育方法が注目される理由は、その独特な教育方針にあります。主なポイントは以下の通りです。

子供の考えを否定しない

大谷家では、子供の考えを尊重し、心配するよりも一人の人間として認めてあげることを大切にしていました。大谷翔平選手に練習を強いることはなく、彼のやりたいように自由にさせていたそうです。

挨拶や片付け等で親が見本を見せる

一般的には「挨拶しなさい」「片付けなさい」と命令口調になりがちですが、大谷家ではそれを一切せず、親が自らの背中を見せることで子供に教えていました。

経済観念の教育

大谷家では、子供に対してお金の使い方についても教えていました。大谷翔平選手がプロ入りした後も、母の加代子さんは息子の収入を管理しつつ、パート勤めを続けていました。「親におんぶに抱っこというわけにはいかない」という信念を持っていたためです。

家族との絆

大谷翔平選手は三人兄弟の末っ子であり、兄と姉もまたしっかりとした考えを持っています。兄の隆太さんも野球選手であり、現在は豊田自動織機でコーチを務めています。姉はバドミントン選手であり、幼い頃の大谷翔平選手にとって常に身近にいる存在でした。

両親がメディアのインタビューで大谷翔平選手のエピソードを話すことがありましたが、メジャー移籍した2018年を境に表には出なくなりました。家族のことで本人を煩わせたくない、野球に集中してほしいという配慮からです。

広告

AD
記事
速報