紗栄子、ダルビッシュ有と本当は「離婚したくなかった」と涙ながらの告白に「確かにそうなるよな」「自分なら無理だわ!」
2024/07/09

広告

タレントの紗栄子が私生活について赤裸々に振り返った告白動画に公開され、自身の生い立ちや結婚に至るまでの経緯を話しました。2007年にはダルビッシュ有投手との婚約と妊娠を同時に発表したが、「私たち的には結構前に(結婚するのを)決めてた」と明かしました。しかし、公表の時期を探っているうちにマスコミに報じられてしまったとのことです。

当時、夫であるダルビッシュのサポートのために北海道に移住し、子供を迎える準備をしようという意向があったといいます。その後、次男の出産後に「私はどっかのタイミングで離婚してんだよ。2012年?早っ、4年?結婚生活...」と自分自身の「スピード離婚」に驚きを隠せなかったと語りました。

「離婚するってなった時に、私したくなかったからさ。最終的にはもうするんだって思ってしたけど」と当時の心境を告白し、離婚話が浮上した際に受け入れられなかったことを明かしました。彼女は「したくないしたくないって思ってた」「なんで?なんで?って」と当時の苦悩を赤裸々に振り返り、離婚を覚悟した際にはマネージャーの前で大号泣したと述べました。

一時期、バッシングから逃れるためにメディアから距離を置いた経験についても触れ、「何がいいかは分からない。

広告

私は黙って自分の美学を貫いたけど」と客観的に振り返りながら、「私はもう逃げろって思う」「そこだけじゃないから世界は」「逃げるのが恥ずかしいことなんて思わない」と自身の持論を明かし、苦境に立ち向かっている他の人々にエールを送りました。

ネット上の見解

紗栄子の告白動画を通じて訴えられる真摯な表現と背後に潜む社会的規範や行動の動機について注目せざるを得ません。紗栄子は自分自身の生い立ちと結婚生活について赤裸々に語り、ダルビッシュとの結婚や子作り、そして「スピード離婚」について語りました。一方で、この告白動画は、有名セレブの私生活を対象とした一種のマスメディアであり、公表の時期を探っているうちにマスコミに報じられてしまったと語ったその経緯を分析せざるえない。

彼女の告白は東洋の倫理規範と対立することなく、逆にそれに従っている。彼女は「私は黙って自分の美学を貫いた」と述べ、否応なく生じる社会的圧力に屈せず、貫徹した価値観を明確に証明したのです。しかし、それは同時に一種の逃走であり、強烈なバッシングから逃れるためにメディアから距離を置くという選択肢を彼女自身が選んだ結果であり、その意向には、強烈な社会的圧力とメディアの攻撃から逃れるための試みが見えます。

広告

また、彼女自身の「スピード離婚」についての告白には、人々の結婚観や離婚観への挑戦が見えます。「離婚するってなった時に、私したくなかったからさ」との発言からは、所有欲や依存性、経済的な要素など、離婚がもたらすリアリティに対する恐怖感が見て取れます。

非常に敏感な話題であることを顧みず、紗栄子は自分自身の生い立ちや経験、離婚観について語り、多くの人々に訴えかけました。その一方で、彼女の離婚観と取り組み方については、強烈に批判する必要があります。それは彼女が「自分の美学を貫く」ことを選んだのと同じく、それぞれの人が自分自身の人生と価値観を持っていることを認識することの重要性を示しています。彼女の公表した情報には、私たちが対話し、批判し、理解を深めるための価値があります。

広告

AD
記事
速報