職場を辞めていった女性が残した解読不能の手紙…手紙に隠された事実が話題に...
2024/07/09

広告

ある女性が職場を辞める際に、解読不能な手紙を残していました。この手紙は、一見すると日本語でも韓国語でもない文字で書かれており、解読が不可能だったそうです。Twitterユーザーのゆーななぎ(@yuunagi1999)さんがこの手紙を紹介し、解読できる人を探すために投稿しました。そしてついに、この文字の正体が明らかになりました。実は、この文字は『変体仮名』という、1900年(明治33年)以降の学校教育で用いられていないマイナーな表記方法だったのです。

手紙の内容は非常にネガティブで、女性は自分がどこに行っても愛されないと感じ、仕事場でもツイッターでもみんなから嫌われていくと述べています。彼女は苦しみ、悲しみ、愛されたいと願っており、自分が他人を愛していないからかもしれないとも考えています。最後には死にたいと述べ、逃げ場がないと感じています。

この手紙の内容は非常に心配であり、女性の身に何が起きたのか気になります。

広告

彼女が退職した今、少しゆっくり休んでメンタルを回復させてほしいと思います。このようなネガティブな感情を抱える人が周囲にいる場合、その人の心のケアやサポートが重要です。この手紙を通じて、私たちは他人の心の状態に気を配ることの大切さを再認識させられます。

ネットから上記の内容への見解:

原文には深い悲しみや孤独を看取ることができ、女性の感じているネガティブさを強烈に表現している。だが、筆者としてはこの情緒的な現象を氷山の一角と見る。それは、我々の社会が生み出し、継続的に誤った期待を押し付けている社会的な圧力を表現している。

仮名の文字を使って女性がこの手紙を書く背後の意図には、ある種の抗議があると見てとれる。それは自分の苦痛と苦悩が見えない、理解されない、そしてその結果、無視されるという社会の現状に対する批判だ。故に手紙の本質は、一人の女性の見えない苦悩を象徴していると解読できる。

その上で、彼女の強烈なネガティビティに対する解釈では、彼女がみんなに嫌われていくと感じている、という表現に一層真剣に耳を傾けるべきだと筆者は思います。彼女が感じている苦しみを放置することは許されません。個々の感情は、我々が無視しがちな社会の問題の表れだからです。

未だに存在する職場での情緒的虐待やいじめ、不平等な待遇など様々なステレオタイプや偏見が日常生活の中で繰り返されることについて議論が必要です。メンタルヘルスの問題は単独の問題ではなく、全体的な社会の問題であり、特定の個々の行動や心態に問題があるのではなく、それは我々の社会の構造そのものに問題があることを表している。
この手紙を鑑みると、長らく放置されてきたメンタルヘルスに対する認識の変化、そしてそれに伴う社会全体の変化が急務であると痛感します。

広告

AD
記事
速報