声をかけてきたおっさんと致した後、外国のお札をもらった。 私『…70000!?日本円でいくらだろう?』 → 緊張しながら銀行へ行くと…
2024/07/09

広告

親との確執と偶然の出会い

私はあの頃、親とうまくいかず、家に帰るのが嫌で町をブラブラしていました。そんなある日、駅前のベンチに座っていると、少し若めのおっさんに声をかけられました。最初は 「援助交際を求められているのか?」と思い、戸惑いましたが、そのおっさんは思いのほか優しく、心配してくれる様子でした。

ファミレスでの心の交流

おっさんの誘いでファミレスに行き、私は彼に悩みを打ち明けました。彼は終始親身になって話を聞いてくれ、その優しさに触れているうちに、次第に心がほぐれていきました。彼の温かい眼差しと真剣な態度に、私の心の中の氷が溶けていくのを感じました。

流れでの関係と外国のお札

ファミレスを出た後、自然な流れでホテルに向かい、その夜を共に過ごしました。彼は若めで割と格好良く、優しい人でした。

広告

そんな彼にお金なんて求める気持ちは全くなかったのですが、彼はどうしてもといって、外国のお札を渡してきました。「これで申し訳ない」と本当に申し訳なさそうにしていたので、私は受け取ることにしました。

驚愕の70000!

ホテルを出てから、そのお札をじっくり見てみると、なんと70000と書かれていました。「外国のお金って日本円に換算するといくらなんだろう?」と疑問に思い、私は緊張しながら銀行へ向かいました。

銀行での外貨両替

銀行に到着し、外貨両替の窓口へ案内されました。銀行のスタッフは私を少し不思議そうに見ていましたが、手続きを進めてくれました。その時、心の中で「こんな大金を持っている私を怪しんでいるのかもしれない」と不安に思いました。もしかしたら警察を呼ばれるのではないかとドキドキしていました。

意外な結末

そして、いよいよ両替が完了し、手数料を引いた金額が表示されました。結果は、なんと1000円にもならない額でした。それは、もう今は存在しないイタリアのリラだったのです。あの70000リラはほとんど価値がなかったのです。

広告

それでも残る思い出

私は少し騙された気持ちになりましたが、あのおっさんとの思い出は悪いものではありませんでした。彼の優しさと温かさは、私の心に深く刻まれています。もう一度、彼に会ってお礼を言いたいと思うことがありますが、それは叶わないかもしれません。

まとめ

人生には、思いがけない出会いや出来事があるものです。私にとって、あの夜の出来事は一つの学びであり、心の支えでもあります。お金の価値は変わるものですが、人との心の交流や思いやりは、何よりも価値があると感じました。あのおっさんにもう一度会える日が来ることを願いつつ、私は今日も前向きに生きていこうと思います。

広告

AD
記事
速報