【衝撃】マクドナルドが裁判で敗訴!ついに発覚!マクドナルドの肉の正体!!
2024/07/09

広告

マクドナルドのハンバーガーは世界中で愛されているファストフードですが、その肉の正体が裁判によって明らかにされ、大きな波紋を呼んでいます。イギリスの有名シェフ、ジェイミー・オリヴァーがマクドナルドに対して起こした裁判で、マクドナルドは敗訴し、その「肉」の正体がついに公にされました。

裁判の背景

ジェイミー・オリヴァーは、健康的な食生活を推進する活動を行っているシェフとして知られています。彼は、マクドナルドのハンバーガーに使用されている肉の品質に疑問を抱き、裁判を起こしました。その結果、マクドナルドの肉が「食品として定義不能である」と裁判所に認定され、オリヴァーが勝訴しました。

マクドナルドの肉の正体

この裁判で明らかにされた事実は衝撃的です。マクドナルドのハンバーガーに使用されている肉は、動物性脂肪生地とアンモニアから作られていることが証明されました。具体的には、以下のような材料が使用されています:

くず肉:商品価値の低い食用の家畜の部位で、骨格周辺やブロック状に切りそろえた際の切れ端、各種器官周辺部の見た目が良くない部分。

広告

腱や脂肪、結合組織:これらを混ぜてペースト状にしたもの。アンモニア:このペースト状の生地を消毒するために使用される。

くず肉の使用について

イギリスでは、くず肉は通常、ドッグフードや鶏の飼料として使用され、人間の食品には使用されないことが多いです。しかし、マクドナルドはこのようなくず肉をハンバーガーの材料として使用していました。

使用中止の約束を守らないマクドナルド

実は、マクドナルドは過去にも「アンモニア消毒をした牛肉」の使用をやめると発表していました。2011年にはこの発表を行い、翌年には「ピンクスライム」と呼ばれるバーガー用の「骨なし形成肉」の使用中止を発表しました。しかし、今回の裁判で明らかになったのは、これらの約束が守られていなかったという事実です。

ファストフードの健康への影響

広告

ファストフードの頻繁な摂取が健康に悪影響を及ぼすことは、以前から指摘されています。以下にその具体例を示します:

糖尿病や心臓病:ファストフードを週に2回以上食べると、これらのリスクが増大します。 がんや心筋梗塞:週に4回以上の摂取で、これらのリスクが80%も高まると言われています。 妊娠中の影響:妊娠中にファストフードを摂取すると、胎児の脳に変化が生じ、将来的に過食症になる可能性があります。

2003年には、世界保健機関(WHO)が「ファストフードは肥満につながる」「タバコよりも有害」と警告しています。

広告

AD
記事
速報