【衝撃の真実】76歳アパ社長が12万室を超えるホテル帝国を築いた裏に…自宅のらせん階段で秘められた日課とは何か?!毎日最低10往復の理由に隠された驚き!
2024/06/26

広告

アパホテルの社長である彼女は、76歳という年齢にもかかわらず、日々驚くべき健康法を実践しています。それは、3階建て自宅のらせん階段を1日最低でも10往復することです。この驚くべき日課には、どのような理由があるのでしょうか?

驚異の健康法

彼女の自宅は3階建てで、40数段のらせん階段が設置されています。普通の人ならば数回の往復でも疲れ果ててしまうところですが、彼女は毎日10往復以上を欠かさず行っています。このルーティンは、健康維持と体力の向上に大きく寄与していると言います。彼女はこれを「心身を鍛えるための最良の方法」と信じているのです。

日々のルーティン

彼女の一日は朝5時半に起床することから始まります。目覚ましが鳴る前に自然と目が覚め、ベッドでだらだらと過ごすことはありません。起床後はすぐにベッドメイキングを行い、清潔なベッドで気持ちよく眠れるようにしています。その後、服に着替え、しっかりと化粧をして一日のスタートを切ります。家事をこなしながららせん階段を上り下りすることで、体を適度に動かしています。

夕食と夜のルーティン

夕食は旦那様が帰宅する20~21時頃に合わせて用意されます。専務を務める次男の家族と二世帯同居しているため、お嫁さんが料理を担当します。

広告

時には彼女も手伝い、和食のメニューを作ることもあります。夕食後は「クラブふみふみ」が開店し、旦那様が森伊蔵を一杯飲みながらくつろぎます。彼女自身はお酒を飲めない体質ですが、場の雰囲気を楽しんでいます。

入浴と就寝前の時間

入浴は結婚以来、旦那様が先に入り、その後に彼女が続きます。入浴時間は短く、ほとんどカラスの行水ですが、次男が導入した酸素美泡湯のおかげでリラックスできます。入浴後は、ビジネス誌を読んだり、YouTubeを見たりして過ごしますが、デジタル機器が睡眠に影響することはなく、すぐに眠りに入ります。

睡眠環境

彼女が使用しているベッドは、アパホテルオリジナルの「クラウドフィット」で、快適な寝心地が特徴です。旦那様は真っ暗でないと眠れないため、就寝時にはすべての灯りを消します。目覚ましをセットし、朝は自然に目が覚める彼女の生活は、規則正しいルーティンに支えられています。

運動の重要性

彼女の健康維持の秘訣の一つは、日中によく動くことです。自宅のらせん階段を頻繁に上り下りし、少ない日でも10往復は欠かしません。この日常的な運動が、彼女の体力と健康を支えているのです。

精神的ストレスの管理

精神的なストレスに縁がない性格も、彼女の健康に寄与しています。

広告

仕事でうまくいかないことがあっても、一瞬落ち込むだけで、すぐに前向きに切り替えることができるため、ストレスを引きずらないのです。

楽しさと仕事のバランス

仕事を楽しむ姿勢が、彼女の健康を支えています。年齢を重ねても最前線で活躍できることに感謝し、今が人生で一番楽しいと感じています。こうした前向きな姿勢が、彼女の毎日を充実させ、健康を維持する秘訣となっています。

彼女の生活から学べることは、規則正しい生活習慣と日常的な運動、そしてポジティブな心の持ち方が、健康と長寿の鍵であるということです。私たちもこの教訓を参考にし、自分自身の健康維持に役立てていきたいものです。

結論

76歳のアパ社長が実践する驚異の健康法は、3階建て自宅のらせん階段を毎日10往復するというシンプルなものですが、それが彼女の健康と活力の源となっています。日々の運動と快眠、そして家族との時間が、彼女の成功を支えているのです。この秘密を知ることで、私たちも健康維持のヒントを得ることができるかもしれません。

広告

AD
記事
速報