【ブギウギ】黒崎煌代の信じられない生い立ち..俳優になったキッカケに驚きを隠せない...朝ドラでスズ子の弟・六郎を演じる俳優の父親の職業がヤバすぎた...
2024/07/05

広告

NHK連続テレビ小説『ブギウギ』の第22回が10月31日に放送され、鈴子役のしりさんの弟・六郎を演じる黒崎煌代さんの演技に視聴者の注目が集まっています。

ドラマの見どころ

第22回では、鈴子(しりさん)が実は梅吉(柳敏郎さん)とつる川美さんの子供ではないことを知り、実母キ(中越のり子さん)から生まれた時の話を聞き、衝撃を受けます。鈴子は呆然としながらも、大西家では六郎(黒崎煌代さん)が姉の帰りを心配して待っています。鈴子が帰宅すると、六郎は「心配したんやで」と駆け寄り、ずぶ濡れの姉を優しく迎え入れます。

黒崎煌代の演技

黒崎煌代さんは、この場面での演技が「俳優とは思えない」と話題になりました。2002年生まれの兵庫県出身で、2022年にレプロエンタテインメントのオーディションで約5000人の中から選ばれた彼。『ブギウギ』が俳優デビュー作となります。SNSでは 「神演技」「本当に心から心配している弟」と絶賛の声が続々と上がっています。

黒崎煌代の生い立ち

黒崎煌代さんの父親は米国で映像関係の仕事をしていた経験があり、自宅には洋画のDVDや映画関係の本が溢れていました。

広告

幼少期から映画が身近にあり、初めて見た映画『スター・ウォーズ』に衝撃を受けた彼は、自分も俳優になりたいと夢見るようになりました。

小学生の頃から、好きな作品の俳優の演技を真似て遊ぶのが趣味で、服装も似せて鏡の前で演技をする日々を送っていたそうです。高校では同級生と共に映像制作に没頭し、文化祭ではクラスメートと共に制作したサスペンスドラマが最優秀賞を受賞しました。

俳優デビューのきっかけ

黒崎さんは、大学で映像関係の著作権を学ぼうと法学部に進学しましたが、Instagramで見かけたレプロエンタテインメントのオーディションに応募しました。合格者には演技の勉強が提供されるという魅力的な得点に惹かれ、応募を決意。見事、5000人の中から選ばれ、俳優の道へと進むことになりました。

初めての映画出演

黒崎さんは、映画『さよならほやマン』のオーディションで主人公の弟役を勝ち取り、映画デビューを果たしました。この役は生まれつき障害のある青年で、黒崎さんは障害のある人を「っぽく」演じるのではなく、その動きの背後にある感情や理由を追求しようと心に決めて臨みました。

広告

朝ドラ出演への挑戦

『ブギウギ』のオーディションでも見事に合格し、六郎役を演じることになりました。最初の現場入りは死ぬほど緊張したと振り返りつつも、監督や共演者たちのサポートで次第に馴染んでいったそうです。六郎のキャラクターを演じるにあたり、自分自身のピュアさや好奇心を演技に活かすことを意識しました。

家族のサポートと未来への展望

黒崎煌代さんの父親は米国で映像関係の仕事をしていた経験があり、家族からのサポートも大きかったと語っています。今後も自身のオリジナルな演技を追求し、俳優としてのキャリアを築いていくことを目指しています。

黒崎さんの家族についての詳しい情報はあまり公表されていませんが、父親の影響が大きかったことは明らかです。今後も彼の成長と活躍に期待が高まります。

広告

AD
記事
速報