【驚愕】竹下佳江の略奪再婚の真相...子供の現在に驚きを隠せない...元バレーボール日本代表選手の五輪中に骨折を隠し通した全貌がヤバすぎた....
2024/07/08

広告

最小アンド最強のセッターとして今も尊敬されている元女子プロバレーボール選手の竹下佳江さん。トスのすごさは世界的に評価されていましたが、彼女のキャリアには多くの苦労があったことも事実です。意外にも現役時代には結婚しており、私生活も充実していた竹下さんですが、その結婚相手とは略奪婚だったという噂もあるようです。

竹下佳江のプロフィールと結婚

竹下佳江さんは、 2012年のロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した直後に、野球選手の江草仁孝さんとの結婚が報じられました。彼女たちは同じマネジメント会社に所属し、同じ兵庫県に住んでいたことから親交を深め、結婚に至りました。江草仁孝さんは阪神タイガース、セブライオンズ、広島カープといった球団で活躍しており、2017年に現役を引退しています。

略奪婚の真相

竹下佳江さんと江草仁孝さんの結婚には「略奪婚」という噂がありました。しかし、この噂の真相を調べると、実際には江草仁孝さんが再婚であり、前の結婚から竹下佳江さんとの結婚までの期間が短かったため、誤解が生じたようです。江草仁孝さんは2006年に高校時代の1年後輩と結婚しましたが、2011年に離婚し、翌年に竹下佳江さんと再婚しています。

広告

この流れから「略奪婚」との噂が広まったのです。

子供の現在

竹下佳江さんと江草仁孝さんの間には2人の子供がいます。2015年5月24日に長男が誕生し、2018年2月1日に次男が誕生しました。2人の子供たちの名前や顔写真は公開されていませんが、プライバシーを守るための選択として正しいでしょう。元バレーボール選手と元野球選手の子供たちということで、運動神経が優れている可能性が高いです。今後、スポーツ界での活躍が期待されるかもしれません。

オリンピックでの骨折

竹下佳江さんがロンドンオリンピックで銅メダルを獲得した際、大会直前に左手の人差し指を骨折していたことが明らかになりました。スイス合宿中にレシーブ練習で飛んできたボールが直撃し、病院で第一関節の骨折と診断されました。しかし、骨のずれがなかったため手術は不要であり、竹下佳江さんは骨折を隠して試合に出場しました。彼女の努力とチームの頑張りによって、見事に銅メダルを獲得しました。

広告

竹下佳江のトス技術

竹下佳江さんのトス技術は世界一とも称されるほどで、特にその速さと正確さが評価されています。彼女は159cmというセッターとしては小柄な体型ながら、その動きと技術でチームを牽引しました。トスの速さだけでなく、アタッカーのタイミングに合わせた微調整が求められるセッターとしてのスキルは、他の選手たちにも大きな影響を与えました。

セッターとしての苦労

竹下佳江さんは自身の著書『セッター思考』で、セッターとしての苦労や喜びを語っています。彼女は「人に尽くすことが好き」と分析し、バレーボールにおいても自分ではなく周囲を輝かせることに喜びを感じていたそうです。セッターは選手と監督をつなぐ接着剤のような立場であり、自己犠牲の精神でチーム全体を引き立てる役割を果たしていました。

引退とその後

ロンドンオリンピック後、竹下佳江さんは所属していた実業団JTマーベラスを退団し、休養に入りました。その後、復帰することなく2013年7月25日に現役引退を発表しました。引退理由について、竹下佳江さんは「オリンピックでやり切ったことが大きかった」と語っています。

広告

AD
記事
速報