田中みな実、共演したあの俳優にイラっ!「“おいオバサン邪魔だよ”って言われた」”犬猿の仲”の俳優とは
2024/07/09

広告

フリーアナウンサーとしても女優としても絶大な人気を誇る田中みな実(36)。彼女が最近、女優の仲里依紗(33)のYouTubeチャンネルにゲスト出演し、驚くべきエピソードを明かしました。話題の中心となったのは、仲の夫である俳優の中尾明慶(34)との過去の共演時の出来事です。このエピソードは多くの視聴者に驚きと共感を呼びました。

田中みな実と中尾明慶の共演

田中と中尾は、2021年に日本テレビ系で放送されたドラマ「ボクの殺意が恋をした」で共演しました。このドラマでの共演時、田中は中尾に対して「イラッ」とした出来事があったと言います。共演者同士の緊張感やコミュニケーションの難しさを感じさせるエピソードは、多くの視聴者の関心を引きました。

仲を通じて中尾が田中に「最近、俺にイラついてますか?」とメッセージを送ると、田中は「イラつくことないよ、1年くらい会ってない」と返答。しかし、その上で共演時にあった出来事を明かしました。

「おいオバサン、邪魔だよ」の一言

共演中、中尾が田中に対して「おいオバサン、邪魔だよ」と言ったことがあったそうです。

広告

この一言に対し、田中は「え、オバサンって言った!?」とプチ口げんかになったことを告白しました。これを聞いた仲は「ひどい!こらしめましょう」と憤り、さらに「犬猿の仲だったってこと?」と尋ねると、田中は冷静に「そうそう、そういうこと」と答えました。そして、「里依紗ちゃんを傷つけるようなことをしたら本当に許しません」「言葉のチョイス、気をつけましょうね」と指摘しました。

ネット上の反響

このエピソードが明かされると、ネット上でも大きな反響を呼びました。

「これ、田中さんの年齢がおばさんかどうかではなくて人に向ける言葉としてダメってことじゃないの? 会社でそんなこと言う人間いたら引くでしょう。」

「田中みな実は結婚もしていないんだし、子供に話しているわけでもないし、おばさんはどうかなと思う。」

「男性が女性に対しておばちゃん呼びは駄目でしょう。笑」

このような意見が寄せられました。視聴者は田中みな実の年齢や立場に対する敬意の欠如を批判し、言葉の選び方の重要性を再認識しました。

田中みな実の魅力とプロ意識

田中みな実は、その美貌と明るいキャラクターで多くのファンを魅了しています。

広告

しかし、彼女の本当の魅力はそのプロ意識にあると言われています。共演者やスタッフに対する気配り、仕事に対する真摯な姿勢が、多くの人々から支持される理由の一つです。

彼女はこのエピソードを通じて、自分の価値観や意見をはっきりと示しました。言葉のチョイスに対する敏感さ、そして他者に対する敬意を持つことの大切さを再認識させてくれます。

ドラマ撮影現場での緊張感

ドラマ撮影現場では、多くの俳優が集まり、長時間の撮影に臨みます。そのため、緊張感やストレスが高まりやすく、ちょっとした言葉のやり取りが大きな問題に発展することもあります。田中みな実と中尾明慶のエピソードは、そんな現場のリアルな一面を垣間見せてくれました。

広告

AD
記事
速報