【よく似てる】大沢樹生と喜多嶋舞の息子の実の父親が判明!これだけ類似していると確定だわ….
2024/07/09

広告

DNA鑑定で騒がれた大沢樹生と喜多嶋舞の息子

1996年、できちゃった結婚をした

大沢樹生と喜多嶋舞。当時妊娠三ヶ月でした。

翌年、喜多嶋舞は息子を無事出産。

しかし2005年に性格の不一致を理由に2人は離婚しました。

離婚時、息子の親権は喜多嶋舞が持っていました。

2007年に喜多嶋舞が一般男性とできちゃった婚をしたため、

大沢樹生が息子の親権を引き取りました。

騒動は、2013年2月に大沢樹生が海外の鑑定機関に

親子関係を確認するDNA鑑定を依頼したことで始まります。

「2人が親子である確率は0%」

との鑑定結果を受け取った大沢樹生は、

喜多嶋舞にもそれを告げ、そのまま息子と生活していました。

しかしマスコミに知られて騒ぎとなり、

息子が18歳になってから、大沢樹生は親子関係が

ないことの確認を求めた訴訟を起こします。

その結果、2015年11月に東京家庭裁判所が

「親子関係はない」との判決を下し、勝訴しました。

息子の実の父親は!?

そこで話題になったのは、息子の本当の父親は誰なのか?

喜多嶋舞が大沢樹生と交際する前に付き合っていた

元俳優が自分の息子だと週刊誌で暴露しました。

その元俳優とは、伏石泰宏氏と見られています。

広告

伏石泰宏氏と息子を並べてみると・・・そっくり!!

暴行で逮捕された息子

2019年1月、交際していた女性に暴力をふるって

怪我をさせたとして、息子・大沢零次容疑者が逮捕されました。

大沢樹生との親子関係はないと判決が出ているのに、

ニュースでは大沢樹生の長男の扱いをされていました。

大沢樹生とばっちりwww

ネットから上記の内容への見解:

この一件は、表面的にはDNA鑑定によって真実が明らかになっただけの親子関係の崩壊のように見えるかもしれません。しかし、私はそこに潜む人間のエゴと無責任さ、そしてメディアの残酷さを感じずにはいられません。

まず、大沢氏は、息子がまだ幼い頃に疑念を抱きながらも、DNA鑑定を公にすることで息子を翻弄しました。彼の行動は、真実の追求というより、自身の疑念を晴らし、世間に対して優位な立場に立ちたいというエゴの現れだったのではないでしょうか。

喜多嶋氏もまた、沈黙を貫くことで無責任に息子を傷つけました。

広告

真実を明らかにする勇気も、息子を守る強さも持ち合わせていなかったのでしょうか。そして、無責任な大人たちの犠牲になった息子は、メディアの好奇の目に晒され、その傷口に塩を塗り込まれるような仕打ちを受け続けました。彼は一体誰を「父親」と呼べばよかったのでしょう。

この事件は、大人たちの身勝手な行動が、どれほどの傷を残すのかを私たちに突き付けています。真実は時に残酷ですが、その残酷さから目を背けず、責任ある行動をとることこそが、大人としての最低限の責務ではないでしょうか。 

広告

AD
記事
速報