桑田佳祐の隠された40年前の不倫と隠し子騒動...逮捕間近の真相に驚きを隠せない...「イヤな事だらけの世の中で」のサザンオールスターズボーカルの妻の抱える病気に涙が零れ落ちた
2024/07/09

広告

桑田佳祐のプロフィールと経歴

桑田佳祐さんは1956年2月26日、神奈川県茅ヶ崎市に生まれました。父親の桑田久さん、母親の雅子さん、そして姉の恵里子さんの4人家族で育ちました。父親は多趣味で、家にはステレオがあり、スウィングジャズやマンボなどの音楽が流れていました。桑田さんはこの環境で音楽に親しみながら育ちました。

修学高校は鎌倉学園高校、大学は青山学院大学に進学。そこで原由子さんと出会い、音楽サークル「ベターデイズ」を立ち上げました。そして、1978年に「サザンオールスターズ」としてデビューし、一躍スターダムにのし上がりました。

桑田佳祐と原由子の結婚

桑田佳祐さんは1982年に現在の妻、原由子さんと結婚しました。二人の交際は大学時代から続いており、長い付き合いの末に結ばれました。しかし、交際の途中で原由子さんが卵巣嚢腫を患い、片方の卵巣を切除する手術を受けるなど、大変な時期もありました。それでも二人は支え合い、二人の息子にも恵まれました。

桑田佳祐の薬物疑惑と不倫騒動

2019年2月、実話ナックルズが「国民的グループのボーカルKが薬物疑惑で逮捕間近」

広告

と報じました。ネット上ではこのボーカルKが桑田佳祐さんではないかと噂されましたが、具体的な証拠はありませんでした。

さらに、桑田佳祐さんには1985年に隠し子騒動が持ち上がりました。当時、京都の芸者との不倫が報じられ、その女性が産婦人科に通っているところを週刊誌に撮られたことから、隠し子の存在が疑われました。しかし、女性は桑田さんとの間に子供はできていないと主張し続けました。

「イヤな事だらけの世の中で」の歌詞に込められた思い

桑田佳祐さんの不倫騒動は、後に彼の楽曲「イヤな事だらけの世の中で」に反映されました。この曲の歌詞には、過去の不倫相手への思いや罪悪感が込められているようです。

「ある朝目覚めた、その場所は君と結ばれた花見高路」という歌詞からは、不倫相手との関係がいかに彼にとって大切な思い出であったかが伺えます。しかし、「嘘ばかりつく女、それを間に受けた男」という部分では、不倫の結果生じた悲劇と後悔が表現されています。

原由子の病気と夫婦の絆

桑田佳祐さんの妻、原由子さんは卵巣嚢腫を患い、片方の卵巣を切除する手術を受けました。この病気と闘いながらも、桑田さんと二人三脚で家庭を築き上げました。原さんは音楽活動を続けながらも、家庭を大切にし、二人の息子を育てました。

広告

AD
記事
速報