女子大生が俺の駐車場に無断で駐車。長期赴任に行く事になったので女子大生の車が出れない様に横向きに駐車 してみた...
2024/07/08

広告

会社車と個人車の駐車スペースを2台分月極で借りている俺だが、会社車用スペースは普段全然使わないため、いつしか近所の女子大生が無断で駐めだした。何度か注意しようと思ったが、毎日忙しくてタイミングが合わなかった。そんなある日、会社から長期赴任の命令が下った。

長期赴任の準備と決意

3月27日から長期赴任に行くことになったので、その前日である26日に対策を決行することにした。馬鹿女子大生の無断駐車に対するささやかな復讐を考え、彼女の車が出れないように俺の車を横向きに駐車することにしたのだ。これで少しは懲りるだろうと心の中でほくそ笑んだ。

長期赴任からの帰宅

数か月後、長期赴任を終えて帰宅した俺は、早速駐車場の様子を見に行った。果たして、俺の車には牽引ロープで引っ張られた痕跡が残っていた。さらに、車体の状況を確認すると、サイドブレーキが壊れており、シフトもPから動かない状態だった。驚きと同時に怒りがこみ上げてきた。

監視カメラの映像

警察に通報し、監視カメラの映像を確認することにした。映像には驚くべき光景が映っていた。

広告

女子大生が友人と共にやってきて、俺の車を無理やり動かそうとする姿が捉えられていた。彼女たちは牽引ロープを使い、俺の車を引っ張り出す過程で車体に傷をつけ、サイドブレーキを壊していたのだ。

警察の対応と女子大生の行動

警察は監視カメラの映像を証拠として受け取り、女子大生の行動を調査し始めた。彼女の大胆な行動は周囲にも大きな迷惑をかけるものであり、警察は厳しい措置を取ることを決定した。女子大生は無断駐車だけでなく、他人の財産に損害を与えるという重大な犯罪を犯していたのだ。

事件の結末と教訓

最終的に、女子大生は器物損壊の罪で逮捕され、罰金と修理費用を支払うことになった。彼女の行動は周囲の人々にも大きな迷惑をかけ、彼女自身も深く反省することになった。この出来事から、他人の迷惑を考えずに行動することの恐ろしさを改めて実感した。

広告

教訓と今後の対策

この経験を通じて、駐車スペースの管理の重要性を再認識し、今後同様の問題が発生しないように努めることを誓った。また、他人に対しても寛容でありつつ、必要な時には適切な措置を取ることの大切さを学んだ。

この事件は、多くの人々にとって教訓となるだろう。無断駐車や他人の財産を損壊する行為は、決して許されるものではない。これからも、自分の行動が周囲に与える影響を考え、社会のルールを守ることの重要性を忘れずに生活していくことが大切だと感じた。

他の人々にもこの経験を共有し、少しでも多くの人々が同様の問題に対処する際の参考になれば幸いだ。今回の出来事が、少しでも多くの人々にとっての教訓となり、社会全体のルールと秩序を守る一助となることを願っている。

広告

AD
記事
速報