俳優・窪塚洋介さん、宅配業者の為に玄関に水を。しかし世間の人からは意外にも厳しい声が….
2024/07/09

広告

俳優・窪塚洋介さんの妻であるPINKYさんが自身のブログで旦那のある行動を紹介したことが話題となっています。

窪塚さんは宅配業者のために大量の水を用意し、それを写真と共にブログにアップしたのです。その写真には、段ボールに詰められた大量の水と共に「各宅配業者様、いつもありがとうございます。ご活躍様です。どうぞ、ご自由にお持ち帰り下さい(1人1本でお願いします。)」というメッセージが添えられていました。

PINKYさんは「いつのまにか置かれていた、主人の優しさ」と題し、宅配業者の皆さんへ感謝の気持ちを伝えました。しかし、この行動には世間からは少し違った意見も寄せられました。「こんなことやってます!優しいでしょ!」と上げられてしまうと、こっそり置かれた旦那さんの思いが台無しになってしまうのではないか、という声もあります。また、偶然にも綺麗に並べられたボトルのラベルには宣伝のような雰囲気があり、好感度を求めているのではないか、本当の優しさを感じられない、とも言われています。

広告

写真を見てすぐに、この商品はステマで有名だと分かる人もいるかもしれません。人によって見え方は違うかもしれませんが、確かに身内が紹介すると少し気味の悪さが際立ってしまうこともあります。

上記の内容への声

窪塚さんの行動は一見、宅配業者への感謝を示す心温まるエピソードに見えます。しかし、妻であるPINKYさんがそれをブログで公開した途端、その純粋さは歪み、作為的な「善行アピール」の影が色濃く浮かび上がってしまいました。

多くの人が違和感を覚えたのは、そこに「隠れたカメラ」を感じ取ったからでしょう。誰かに見られることを前提とした「優しさ」は、もはや純粋な気持ちの表れとは言えません。それはまるで、承認欲求を満たすための舞台装置のように映ります。

さらに、整然と並べられたボトルの水が、特定の商品であることも、人々の猜疑心を煽りました。ステマを疑う声が出るのも無理はありません。たとえ窪塚さんに悪意がなくとも、結果的に商品を宣伝する形になったのであれば、それは「善意の押し売り」と言われても仕方がないでしょう。

PINKYさんの「主人の優しさ」という言葉にも、私は強い違和感を覚えます。本当に相手を思いやる気持ちがあれば、わざわざ公の場で彼の行動を称賛する必要などないはずです。

広告

むしろ、彼の行為を純粋な善意として成立させてあげたいと願うなら、それを内密にするのが真の優しさではないでしょうか。

今回の件は、現代社会における「善意のあり方」を私たちに問いかけています。真の善意とは、見返りを求めず、ひっそりと行われるものです。それを誇示する行為は、善意そのものの価値を貶め、人々の心を冷めさせるだけではないでしょうか。 

今回の騒動を機に、私たち一人ひとりが「本当の優しさ」について深く考え直し、行動を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。

広告

AD
記事
速報