中川翔子も木下優樹菜も「ryuchellは誹謗中傷を苦に自殺」断定論に大黒摩季がビシッと放つ!「ひと言」
2024/07/09

広告

「メディアの煽りや、何も知らないくせに、あたかもなコメントをコメンテーターとして発するあの人やあの人やあの方。誹謗中傷くらいまくった私は本当に気持ちがわかりすぎる」

この強烈な言葉を放ったのは、タレントの木下優樹菜でした。彼女は、自身のSNSでryuchellの自殺報道に関して率直な意見を述べました。彼女の言葉は、特に誹謗中傷に悩んでいた経験から来るものであり、多くの人々に共感を呼びました。

木下優樹菜の告白

木下優樹菜は続けてこうも綴っています。

「535万人いた優樹菜のインスタ、引退するまで活動休止中全部誹謗中傷見てたよ。すごいんだから 地獄。何回もふと、消えた方が良いかなとか思ったけど、朝、目が覚めないママを見たときの娘たちの気持ち考えちゃって、無理だったし。 てゆうか、くそみたいなヤツらの為に そんな選択しないで。ておもうよ」

木下自身も、芸能界引退の際に大量の誹謗中傷を受けていたことを明かし、その苦しみを語りました。彼女の言葉は、同じように誹謗中傷に悩む多くの人々にとって慰めとなったでしょう。

中川翔子とざわちんの声

広告

同じように、中川翔子もTwitterで以下のようにコメントしました。

「人の事を誹謗中傷した人には絶対罰が当たると思う。放った言葉は自分に返ってくるよ」

中川もまた、誹謗中傷に対して強い言葉を投げかけました。さらに、ものまねメイクで知られるざわちんも、自身のSNSで次のように投稿しています。

「全く家族に関係のない赤の他人(アンチ)によって1人の子供の父親が亡くなった。失った。あなたたち責任取れるの? 責任取れる思いでひとつひとつ発言してる? 人に投げかける言葉に重みを感じなさい。無責任が」

これらの発言は、ryuchellが受けた誹謗中傷が彼の死に影響を与えたという見方を強めています。

浜崎あゆみの視点

ジェンダー差別の観点からも、多くの声が上がっています。浜崎あゆみはInstagramで以下のように投稿しました。

「あなたもただの人間で あの子もただの人間じゃないのかな。みんな同じただの人間じゃん なんでそんなにラベル分けしたがるの? もうさ、ほんっとにやめようよ」

彼女の言葉は、ジェンダー差別に苦しむ多くの人々にとって強いメッセージとなりました。

広告

冷静な視点を持つ大黒摩季

しかし、これらの「誹謗中傷⇒自殺」の論調に対して、歌手の大黒摩季は冷静な視点を持っています。彼女は自身のInstagramで次のようにコメントしました。

「まるで事実みたいになっちゃうから、そういうことを書かずに静かに受け止めませんか?」

彼女のこの一言は、感情的になりがちな議論に一石を投じました。ryuchellの死因を誹謗中傷やジェンダー問題に結びつけるのは簡単ですが、それが真実かどうかは分かりません。彼の死を悼む際には、冷静な視点を持ち続けることが重要です。

影響力のある発言の責任

芸能記者が語るように、影響力のある芸能人たちが憶測で死の理由を「誹謗中傷」や「ジェンダー」と決め付けて発信することは、大きな誤解を招くリスクを伴います。ryuchellの死をきっかけに、自身の経験や意見を声高に主張することも重要ですが、それと同時に冷静さを保ち、事実を見極める努力も必要です。

広告

AD
記事
速報